秋らしい期間は短く、暑い日から急に寒い冬へと変わってきました

 冬の時期は、乾いた空気が続き、風邪やインフルエンザなどの感染症が多くなります。

 マスクをしていると、気道の湿度を保つことにより、気道粘膜についた細菌やウィルスなどを痰として外へ出す防衛機能を維持し易くなります。うがい・手洗いなどもあわせて行い、風邪やインフルエンザを予防しましょう。

 また、寒い時期は、筋肉は硬くなり、関節も動きにくくなります。
特に痛めている方は、冷えると痛みが増したり冷えやすくなったりもします。

 そして、この時期は、ラグビー、サッカー、マラソンなど運動も多く行われる季節でもあります。
寒いと筋肉が硬くなり、疲労や怪我も引き起こし易くなります。
動き出す前には、準備運動でよく身体を温めておき、運動後には、整理体操でストレッチをして筋肉の緊張を緩めて硬くなりにくくしましょう。

 さらに、鍼灸治療を受ける事により、筋肉の緊張緩和や血流改善などにより、身体の中から暖まりやすくなり、冷えにくくなります。
痛みの治療だけでなく、怪我の予防や日々の体調管理にも効果的ですので是非ご利用ください。
お気軽にお近くの施術所へご相談ください。