乾燥に気をつけましょう

冬は乾燥した日が多くなります。この季節は風邪やインフルエンザなどの感染症が多い時期です。
鼻〜気管支など気道は高い湿度を保つことで、ホコリや感染源などを痰に絡めて外へ出す防衛機構が上手に働きます。
室内外に関わらず、湿度が低い場所ではマスクをし、気道の湿気を保つことでも感染症を予防しましょう。
また、鍼灸刺激は、免疫の働きを活性化することが期待される研究結果もあります。
健康な生活の維持・向上に、日ごろのケアとしても鍼灸をご活用ください。

※新型コロナウイルス対策について
はり師、きゅう師は、日ごろから法令に則り感染症の対策を行っております。
心配なようでしたら、施術所へ一度お電話でお尋ね頂き安心された上でご利用ください。

(参考情報)東京都の新型コロナウイルス対策サイト